北海道の新しいお土産に。プレゼントしたくなるオシャレな昆布!?

text&photo/ 長谷川みちる(Editor’s office Bluebird)

北海道らしいお土産を探しているなら、これまでにないおしゃれな昆布はいかがでしょう。思わず誰かにプレゼントしたくなるパッケージと、使い勝手の良さで人気をよんでいる「ナナクラ昆布」。2018年4月にオープンした実店舗にお邪魔して、昆布のオイシイ魅力を伺いました!

 

ダシにも、おかずにも。万能な“日高みついし昆布”

北海道の魅力といえば、豊富な海産物。中でも昆布は、和食のベースになるダシや普段の料理に利用されるとともに、古くから贈答品としても重宝されてきた食品です。ですが残念なことに、近頃の食卓にはなかなか昆布が並ばない様子…。皆さんは、ご家庭で昆布からダシを取ったり、おかずとして使っていますか??

本当は手軽に使えて、お料理においしいエッセンスを与えてくれる昆布の価値をもっと高めたい、若い人たちに昆布を食べてもらいたい。そんな想いのもと、「おしゃれなひとはだしをとる」のキャッチコピーで活動を展開しているのが「ナナクラ昆布」さんです。

シックなたたずまいの入り口が目印のナナクラ昆布直営店は、札幌市電「ロープウェイ入り口駅」を降りて徒歩1分の場所にあります。

 

店内には、グリーンやお花とともに、シックなパッケージの商品がズラリ。なんだか雑貨屋さんに来たみたい。

笑顔で出迎えてくれたのは、代表の木村真依子さん。太平洋を臨む新ひだか町・三石の出身で、曾祖父、祖父と昆布漁と卸業を営んできました(木村さんの昆布にのせた想いについては、コチラから)。

 

 

「ナナクラ昆布の商品は使いやすさにこだわるとともに、等級が高く品質の良い昆布を厳選して提供しています。ダシを取るのはもちろん、細切り昆布をカルパッチョにかけたり、チーズトーストにのせて焼いてもパリパリになっておいしいんですよ。いったん水で戻すと風味が抜ける感じがするので、乾燥したまま料理に加えて煮込む方法をオススメ。料理の風味がより引き立ちます」

 

商品ラインナップは、日高昆布を食べやすく・調理しやすく加工した「極細こんぶ」「刻みこんぶ」「だしこんぶ」。岩にくっつく根本部分の「根こんぶ」。そして、一般的な長さの「特選こんぶ」を取り揃えています。季節のフラワーギフトや、アソートセットなど、各種ギフトも素敵!!

 

ナナクラ昆布のブログやInstagramでは、木村さん考案の昆布レシピも公開しています。
どんな料理に入れても他の素材の味を邪魔することがなく、むしろコクや旨味がプラスされるのが日高昆布(学名:ミツイシコンブ)の特長。自宅に一パック常備しておいて、ちょい足しするだけで料理の深みがますこと間違いなしなのです。

店頭では、お正月や節分、大晦日などに飲まれている「福茶」として昆布を楽しむことができます。藻岩山のふもとにある伏見稲荷神社で祈祷した極細こんぶに、丁寧に取られた根昆布出汁を注ぎます。極細こんぶからさらにおダシが出たところを一口。ほーっつと一息。あー落ち着くー…。

ゆずの皮や乾燥させた梅を入れて味のアクセントをつけてもおいしい!

 

 


福茶のお供についてくる昆布クッキー。甘くないので、お酒のおつまみにもピッタリ

ナナクラ昆布さんの昆布は、Ten to Ten中島公園のカフェ&バーでも販売しています。
そして、バータイムで提供されるおつまみにも昆布を楽しめるメニューが!
Ten to Ten中島公園にお泊まりの際は、ぜひチェックしてくださいね。

直営店の近くには、藻岩山、伏見稲荷神社などの散策スポットもたくさん。カフェブルーカフェブランなどの休憩ポイントも。市電に乗って、のんびりと。北海道のお土産探しはいかがでしょう。


【ナナクラ昆布】
○所在地/北海道札幌市中央区南19条西14丁目2-23第6サイトウビル1F
○TEL/050-5328-1394
○HP/http://nanakura-kombu.com/
○営業時間/11:00~17:00
○休/月・日・祝
○P/あり(1台)

【ナナクラ昆布取扱店】
TentoTen中島公園
■北海道くらし百貨店(ノルベサ)
■きたキッチン(新千歳空港)  他

LOCATION

WRITER

ハセガワ ミチル
酪農ライター/編集者

ITベンチャー、編プロ、農業系大学の編集・出版部を経てフリーランスに。一次産業(特に酪農)、町づくりのフィールドを中心に、これまで21都道府県(道内全域)を取材。北海道苫小牧市出身。

Editor’s office Bluebird
http://chiru-bluebird.info/