札幌近郊、ちょっと足を延ばして自転車でも行けるプチトリップランチ

text&photo/小野達司

広い北海道、移動の手段はやはり車がメイン。
初めて北海道に来られた方は、思った以上の広さに、移動時間を読み違えるなんて話もよく聞きます。

でも、車じゃなくても北海道を楽しみたい。
そんな時は自転車で少し近郊まで足を延ばしてみるのはどうでしょう?
レンタサイクルで札幌市内を走るのも楽しいですが、思い切って少し市外まで走ってみる。
札幌を少し離れると北海道らしい田園風景を見る事も出来ます。

自転車で、北海道の風を感じてみる。

”Ten To Ten”ではレンタサイクルのサービスを行ってますが、今回の目的地は札幌から北東に約30kmの当別町。
少し距離が有りますから、普通の自転車ではなく、クロスバイクなどで行くのがお勧めです。
クロスバイクなどのレンタルは市内いくつかの店舗で行われています。

・サイクルフロンティア北海道:http://hokkaido-cycling.jp/
・花サイクルクラブ:http://www.hana-cycleclub.jp/
・サイクルショップ ナカムラ:http://www.csnakasp.com/

当別町までは、ゆっくり行っても片道3時間程度です。
ただし、風の強い日には注意!
建物もほとんどないので、強い向かい風にはちょっと苦労するかも。。。
その分、一面素晴らしい風景が広がります。

そして当別町でのランチは、讃岐うどんで有名な香川県で修行された御主人が作る「かばと製麺所」。
讃岐うどんではありますが、使用されてる小麦はもちろん道内産。

人気店でいつも込み合っています。
週末は少し並ぶ覚悟で出かけるのがおすすめです。
店先では店主が毎日美味しいうどんを打っています。

店での注文方法は、まずレジで商品の注文と会計し番号札をもらいます。
そして番号を呼ばれたら商品を受取りするセルフサービス形式です。

基本メニューはこちら

ぶっかけ(冷・温)
かけ(冷・温)
しょうゆ(冷・温)
とろ玉ちゃん(冷・温)
油うどん(冷・温)

店舗おすすめは「ぶっかけ」(しっかり御出汁)で、天ぷらと一緒に食べるなら「かけ」(あっさり御出汁)

その他、あつあつうどんも有りますので、店内のボードをチェックして見て下さい。
限定商品などもあります。

そして、ぜひ一緒に食べて欲しいのが、揚げたて天ぷら。
基本的に注文が入ってから上げてくれます。
使ってる食材は、主に地元の野菜!

この日は天然のマイタケがあり、珍しいので是非!との事でチョイスしてみました。
天ぷらは基本的に注文を受けてから、その場で揚げているので熱々です。

番号を呼ばれて商品を受け取る際は、天かすやおろし生姜など置いてありますので、お好みで追加してお召し上がりください。

食事は店内でも食べれますが、天気のいい日はぜひ外で食べてみましょう。
清々しい北海道の空の下、さらに美味しく感じられます。

注文したのは、冷たいぶっかけうどん1玉とトッピングの大根おろしにレモン、そして天然のマイタケの天ぷら。

麺はもちろんモチモチ!
トッピングの大根おろしとレモンを入れることでさっぱりして、1玉じゃ物足りなく感じるほど、美味しく頂きました!

そして帰り道は少し寄り道して、デザートでエネルギーチャージは如何でしょうか?
当別町にはチョコレートで有名な、ロイズ (ROYCE’) 本社のふと美工場直売店が有ります。

工場の売店ではソフトクリームも販売されていますので、疲れた体に糖分補給も良いですよ。

こちらの工場直営店では、あまり多くの商品を扱っていない為、お土産を購入するなら少し離れた「あいの里公園店」がお勧めです。

サイクリングで郊外に出る場合は、札幌を離れると一気に店舗が減りますので、飲料水などをしっかり準備して出かけてください。

「かばと製麺所」は不定休で冬季の営業もしておりません。
お出かけになる前に、HPで一度確認してからお出かけする事をお勧めします。
冬期間は札幌駅の北、北海道大学付近で「まんでがん外伝」と言うお店でも営業されています。

 


【かばと製麺所】
〇所在地/北海道石狩郡当別町樺戸町355
〇TEL/0133-22-3377
〇HP/https://www.facebook.com/kabatoseimen/
〇営業時間/11:00-15:00
〇休/不定休(冬季11月ー4月休業)
〇P/あり

LOCATION

WRITER

小野 達司
自由業

生まれも育ちも札幌の超道産子。仕事や遊びで道内各地を飛び回る。イベント好き・食好き・マニアックなエリア好きで裏道探索もお手のもの。2012~16年「北海道の楽しい100人」の運営者の一人