帰宅後も道産酒を片手に、北海道の余韻に浸るひと時を。

text&photo/ 小野達司

旅行の楽しみの一つは、その地方でしか楽しめない美味しい料理と美味しいお酒を楽しむ!ってのが有りますね。
最近は日本各地にクラフトビールが沢山あり、旅行先で楽しむ方も多いと思います。
北海道のお酒と言って思い浮かべるのは、「サッポロビール」や「ニッカウヰスキー」辺りではないでしょうか?
北海道でもクラフトビールが盛んで、各地で美味しいビールが楽しめます。
また、まだまだメジャーでは有りませんが、日本酒やワイン、焼酎なども道内各地で作られています。
お米を材料とする日本酒は、北海道は米どころでありながら以前は寒冷地では育つ酒米が無く、道内の酒蔵は本州で生産された酒米を使ってお酒を造ってきました。
しかしながら、現在では品種改良が進み「吟風(ぎんぷう)」「彗星(すいせい)」「きたしずく」の3種の酒米が採れ、道内の酒蔵もそれらを使ったお酒造りが盛んになっており、道内産の日本酒も見直されています。
そしてワインでは、北海道出身の大泉洋さん主演で「ぶどうのなみだ」という映画の題材になった様に、ワイン造りも年々盛んになってます。
いまや大小20を超えるワイン醸造所が有り、個性豊かなワインが楽しめます。
“Ten To Ten”のバーでも、もちろん北海道産のお酒飲む事ができます。

旅先で味わったお酒を自宅でも楽しみたい!

「出会ったお酒をお土産として持ち帰り、自宅でも楽しみたい!」と思っても、意外とどこで売っているのかが判らない事ないでしょうか?
道内産の日本酒、ワインは生産量も少ない所も多く、専門店以外ではあまり見かけません。
そこでご紹介したいのが「ヤマショウ酒店」です。

「ヤマショウ酒店」さんは、札幌駅前通りに面し、すすきの交差点からすぐの立地!
日・祝日以外は夜9時まで営業していますので、すすきので飲んで美味しい!と思った後に、そのお酒を買い求めに行くにもぴったりです。

道内産のお酒が入口すぐの棚に陳列されており、探しやすくお求めやすくなってます。
店内は日本酒の取り扱いが多いお店ですが、道内産の日本酒だけではなく、ワインや焼酎なども扱っています。

運が良ければ限定酒が入荷している事がありますので、店員さんに聞いてみてください。
この日は「札幌国税局新酒鑑評会純米部門」で金賞受賞した、二世古(ニセコ)酒造の「特別純米原酒」が入荷されてました。
なんと1.8ℓ600本と720ml 800本の限定生産のかなりレアなお酒でした。

もちろん、お酒に詳しい店員さんが居るので、好みのタイプのお酒を言ってお勧めを教えてもらう事も可能です。
是非北海道で楽しんだお酒も一緒に持ち帰り、自宅やお友達と楽しんではいかがでしょうか?
旅の思い出も蘇り、楽しいひと時が過ごせるのではないでしょうか。
私も限定生産にひかれて、お酒を買って帰りました。


【ヤマショウ酒店】
〇所在地/札幌市中央区南3条西3丁目10番地
〇TEL/011-210-3373
〇HP/ameblo.jp/yamashosaketen
〇営業時間/月曜日ー土曜日: 10:00〜21:00
日曜日・祝日: 10:00〜19:00
〇休/なし
〇P/なし

LOCATION

WRITER

小野 達司
自由業

生まれも育ちも札幌の超道産子。仕事や遊びで道内各地を飛び回る。イベント好き・食好き・マニアックなエリア好きで裏道探索もお手のもの。2012~16年「北海道の楽しい100人」の運営者の一人