夕方オープン!すすきのでの飲み会帰りに〆の…パン!?ユニークすぎる夜のしげぱん。

text & photo / 土居奈津美

みなさんの”飲んだ後の〆”は何ですか?
〆のアイス、〆のラーメン…札幌では〆のパフェが話題ですね。(ちなみに私は焼きそばです)
そこに新たに加えたいのが、〆のパン屋さん!
今回は、すすきのにお店を構えるパン屋さんをご紹介します。

 

営業時間だけじゃない!ワクワクする空間

すすきの駅から徒歩5分ほど。ビルの一階にひっそりとパン屋さんがあります。
ビルの中にあり、お店もこじんまり。一見あまり主張は強くないのですが…ユニークなんです。

お店に入ると、ショーケースの向こうにパンがずらっと並びます。
非常に種類が多い!
さて、ここまでは普通のパン屋さんとあまり変わりませんね。
こちらのお店のユニークな点は2つあります!

①営業時間が夜!
パン屋さんというと早朝にオープンというのが常識です。
しかしこちらのパン屋さんは「夜のしげぱん」という名前の通り、16時にオープンし翌4時にクローズします。
つまり終電を気にせずパンを選べるのです!

仕事・観光帰りや飲み会のついでに明日の朝ごはんを…といってある意味時間を気にせずパン屋さんのパンを買って帰れます。

16時~4時とのことですが、お店が混むのは終電が近づく23時ごろ・お仕事が終わる1時ごろだそう。飲み会の〆にパンを買って帰りませんか?

②名前がユニーク!

どれにしようか選んでいると、他のお客様の注文する声が。
「ひろしさんひとつと、中野さんひとつ。あと健ちゃんとたけっちもひとつずつで。」
「かしこまりました!ひろしさん、なかのさん、健ちゃんとたけっちですね。」
心の中で「誰だよ!」って突っ込んでしまいます(笑)

そう、名前がユニークなんです!
沢山のパンに、ある意味統一感のない名前がついています。
丁寧な説明書きがあるため、選ぶのに困ることはありません。
一番左のかまやつαが一番人気。分厚いパンに、チェダーチーズ、ハム、自家製ベシャメルソースを挟んだ一品。食べ応えのあるシンプルなパンです!
名前の由来が気になる…!
パンの名前の付け方をうかがってみると、なんとお客さまがつけるそう。
レジの横には応募用紙があり、名前とパンのアイデアを募集しています。
こんなに沢山の種類のパンは、実はお店の方だけではなく、お客さまも参加して開発していたということ。う~ん!面白い。
ちなみに友人に話したところ、友人の友人が彼氏の名前で応募したパンが採用されたそう。(ただしその後残念ながら元カレとなったそうだけれど…)

さすがすすきの。
夜の蝶というパンも。こちらのお店の人気商品だそう。数種類の味が並びます。
一次会では満たされなかったお腹のために、気軽にパクパク食べながら次のお店に移動してもいいですね。


サンドイッチ類も並びます。りんママって誰なんだろう!気になる!誰が応募したのかしら。

私は先ほどのかまやつαと、店員さんのおすすめおはなちゃんを選びました!
「おはなちゃんの名前の由来は?」と聞くと、なんとその店員さんご自身がおはなちゃんで、自分でパンのアイデアを出したそう。なんだそれ可愛いじゃないか!
おはなちゃんの好きなものが詰まったメロンパン、とっても美味しくいただきました。

そして忘れてはいけないのがカレーパン!
お店の出入り口に専用ショーケースがあります。
実は私、この「親父のカレーパン」の大ファンなんです。
カレーパンが大好きで、旅先でも荷物を置いたらまず散歩がてらパン屋さんを探し、見つけたら必ずカレーパンを買うほどです。
それはいいとして、こちらのお店のカレーパンはぜひ食べていただきたい。
サクッとした外側、もちっとした中、そしてなによりゴロゴロと大きなじゃがいものはいったピリ辛カレー。
「おいしさの秘密は?」とうかがうと、「揚げたてをご用意できることと、じゃがいもが入った自家製カレーです。」とのこと。
今日もひとつ買って、食べながら帰りましたとも。

食パンもあり、後ろの壁にはSEKAI NO OWARIのサインの横に食パンカレンダーが(笑)

夜のしげぱんは名前の通り夜に営業。
飲み会の〆にパンを買って帰るのも良し、札幌に来た記念に食べたいパンと名前を書いて応募。
置き土産とするのも良し。採用されたら自慢できます。
沢山の美味しいパンだけでなく、ネーミングで楽しませてくれる素敵なパン屋さんです!
すすきのに行った際はぜひ立ち寄ってみてください!


【夜のしげぱん】

〇所在地/北海道札幌市中央区南5条西6丁目 第5桂和ビル1F
〇TEL/011-551-3922
〇HP/https://ja-jp.facebook.com/pages/category/Bakery/%E5%A4%9C%E3%81%AE%E3%81%97%E3%81%92%E3%81%B1%E3%82%93-1595815584001892/
〇営業時間/16:00~4:00
〇休/日曜日

LOCATION

WRITER

土居 奈津美
ライター/大学院生

女子大学院生ライター。岡山県出身、北海道満喫6年目。春は勢いのある雪解けを楽しんで、夏は麦わら帽子を持ってドライブへ。秋は美味しいものを食べ、冬は雪の綺麗さに見惚れています。