札幌駅から徒歩15分、小さな穴場、ミニ大通りって知ってますか???~西11丁目~西14丁目エリア編~

text&photo/ 林夏子

札幌駅から徒歩15分ほどのところに地元民に親しまれているミニ大通りという通りがあるのですが知ってますか?

大通りみたいに有名な通りではないですが、四季折々の北の大地ならではの景色が見れる穴場スポットなので、ご紹介したいと思います!

ぜひ宿のチェックインまでに時間がある方は少し足をのばしてみるのはいかがでしょうか?

人の少ない穴場スポット

札幌駅を南口を出て北5条通りを西に歩いて行くと左手に植物園が出てきます。

植物園をずーーっと横に歩き、植物園が終わる交差点を左に曲がり、少し歩くと右手に西へ向かう木がたくさんの通りが見えてきます。その道がミニ大通りです。

 

 

ミニ大通りとは北5条と北4条の間、西11丁目~17丁目にある木々のたくさん並んでいる通りのことを言います。

この通りは1975年11月15日土曜日、オープンし、正式名称は札幌圏都市計画街路・北四条歩行者専用道路(ミニ大通公園)と言い、

オープン当日は花火が打ち上げられたりと、たくさんの人たちが集まってお祝いをしたようです。当時の街の人たちの期待を集めてできた通りで、今も、近隣の方々がお散歩やジョギングを楽しみ、最近ではユニークなお店もたくさんでき、年に一度のお散歩まつりやマルシェも開かれています。

 

この通りの魅力は札幌市民でも知る人ぞ知る通りだけど、先述したように、ユニークなお店が並んでいるということ。

時間がゆっくりと流れ、思い思いに過ごせる場所があるということ。

まず、西11丁目方面からご紹介していきます!

 

個性的なお店が集う通り

西11丁目から西に向かって歩いて行くと右手にすぐ「倫敦館」と書かれた看板が見えてきます。

この文字、「ロンドンカン」と読みます。なんとミニ大通りがオープンした頃からあるそうで、重厚な雰囲気の喫茶店です。

落ち着いた空間、コーヒーの香り、大人の品格漂うお店です。

さらに西へと歩いて行くと、ベンチや遊歩道が工夫して作られているところが出てきます。

遊歩道もじぐざくと凝った作りになっています!

ミニ大通りにはたくさんの木々が並んでいるのですが、それぞれに何の木か説明の書かれた看板がついています。

 

平日のお昼時にはこのベンチでサラリーマンの方々が、思い思いにお昼休憩をとられてたり、遊歩道では近隣の保育園の子供たちが遊びに来て、今だと葉っぱやドングリをひろってはにぎわっています。

ベンチはいたるところに設置されていて、車がほとんど通らないので、喧騒に邪魔されず、自分の時間を静かに過ごせる場所として親しまれています。

※ただ食べ物を食べるときはカラスに注意!との事!

季節のいい時期はこのベンチで景色を眺めながら旅のお手紙を家族や友人、恋人に書くのもいいかもしれませんね。

さらに西へ行き西13丁目辺りには「Cafe Raw Life」があります。ここは大きな窓がある木々の風合いが素敵なカフェ。

店内も花や植物がたくさん飾られていて、ちょっぴりレトロな椅子やテーブルにほっこりします。

いつも植物が溢れている店内です。

ここでは毎年、春先から秋にかけて「ミニ大通りマルシェ」の会場になっているそうで、マルシェの日は近隣のお店のスイーツやパン、農家さんからは野菜がやってきて、販売され、賑わうとのことです。

 

店主の増田さんにこのミニ大通りの良さ、おすすめの季節を聞いてみたところ、

「どの季節も綺麗で選べない、春は桜、夏は緑、秋の今の時期は紅葉と落葉、冬は雪景色。どれも綺麗なんだよ。それから近隣の人たちがお年寄りから家族連れ、小学生、みんなとても暖かくていいんです。」

と言っておられました。

また、丁度お店にいらっしゃった常連さんにも聞いてみたところ、

「ミニ大通りの良さは個性的なお店がたくさんあるところじゃないかな」

との事。

 

Cafe Raw Lifeから見える外の景色はお店の窓枠が木枠でちょうど額縁に飾った美しい景色の写真を見ているように感じるので一層ノスタルジックに外の景色を味わうことができます。

札幌の四季をカフェでのんびり感じることのできる素敵な空間です。

 

(夜もロマンチックな景色です。)

レアなお土産も!!

ラベルも手作り感あふれる可愛い蜂蜜。

桑の葉茶を販売しているのも発見!

 

最後に、このミニ大通りがある周辺の地区を桑園といいますが、桑園地区では様々な街プロジェクトをされています。土地の名の由来である、昔、桑の木がたくさん育てられていたことから、桑の葉茶やこの地区でとれた街の蜂蜜がこのCafe Raw Lifeで購入することができます。

(もちろんカフェメニューとしても楽しむことができます!)

 

ぜひ札幌のお土産としてもマニアックな一品なので、他と被らないレアなお土産としていかがでしょうか?

ミニ大通り、札幌駅から歩いて15分程、少し空いた時間に、食べ過ぎた時の腹ごなしに、人が少ないところでゆっくり札幌の景色を楽しみたいときに、おススメです!

 


【ミニ大通り】
○所在地/〒060-0004 北海道札幌市中央区中央区北四条西11
○アクセス/札幌駅から徒歩約15分、桑園駅かから約10分

【Cafe Raw Life】
○所在地/北海道札幌市中央区北4条西13丁目1
○TEL/011-206-7691
○HP/https://ja-jp.facebook.com/CafeRawLife/
○営業時間/10:00〜21:00
○休/火曜日
○P/なし

LOCATION

WRITER

林夏子

富山県生まれ。石川・富山・新潟で高校まで過ごした後、進学をきっかけに京都で14年間。2016年から札幌に移住。学生~OL時代にかけて月に1回は国内旅行をするほど旅行好き。現在は道内旅行を満喫中。