すきだから、こだわる。こだわるを、つらぬく。ー徳光珈琲代表、徳光康宏さんの想いー

photo / text 土居奈津美

 

Ten to Tenで人気の徳光珈琲。
今回は徳光珈琲の代表、徳光康弘さんにお話をうかがいました。

――――――――――――――――
徳光康宏さん
北海道石狩市出身。石狩市・札幌市に4店舗の珈琲店を展開。同時に、飲食店を中心にこだわりのブレンド珈琲を卸す。学生時代から珈琲に惹かれ、珈琲店でのアルバイトをし、大学の学祭ではなんと個人で珈琲の模擬店を出す。紙コップではなく、磁器のカップをそろえて提供するなど、学生時代からこだわりぬいた珈琲と関わってきた。
――――――――――――――――

すきだから

『もともと珈琲が好きで、学生時代から珈琲屋さんでアルバイトをしていました。アルバイトをしてお金を貯めては、道内、道外の珈琲屋さんに行き、珈琲を学ぶ日々を過ごしていました。
そして大学2年生の時から大学祭で珈琲屋として出店しました。普通、クラスとかサークルとかで出店するんですけど、個人でお店を出しました。

その学祭がきっかけで、珈琲に携わる仕事がしたいと思うようになりました。
「珈琲を提供する」という仕事を考えていたのですが、アルバイトをしながら色々な珈琲屋さんに行って学んでいると、結局「自分でロースト」をして、自分で作った珈琲を売ったり・カップとして提供する仕事が良いなあと思うようになりました。
”結局自分でローストしなければいけないんだな”
そこが今の徳光珈琲の根っこになっていると思います。』

 

<好きを仕事にする>
食べること・本を読むこと・歌うこと・料理をすること…。好きなことをすると、とんでもなく幸せに時間を過ごすことができる。けれどその幸せは自分だけのものであって、自分の中で幸せは完結してしまう。だからこそ、それを他者に向けて”提供する”のは大変なのでは?

どうして徳光さんは好きを仕事に出来たのでしょう?
『まず最初に、ぶっちゃけ好きなことを仕事にすべきではないと思います(笑)
仕事となると覚悟が必要です。本当に好きだったら必死こいていろんなことを知ることが必要だと思います。
例えば、「〇〇をしたいんです!」という方がいるけれど、じゃあどのくらい知識があるのかときいてみると「うーん、その知識だと難しい気がするなあ」という方は沢山居ます。

僕は逆に、最初から”珈琲屋をする”という明確な軸があって、それに基づいていろいろ行動し、すべてにおいて”学ぶ機会”を逃さずにいました。だから好きな仕事というか、やりたいことを仕事としてできた、というのがあるのではないかと思います。』

本格的な珈琲屋でのアルバイト、道内外での珈琲の勉強。そして大学卒業後、お金の動きに関わる金融関係の会社へ就職。それも珈琲屋を”経営”するための布石でした。

『そして今の若い人たちの方が、そういう意味では色んな事に挑戦しやすい環境なのかもしれないですね。情報は溢れ、働き方も多様化している。自分で何か動こうっていう人にとっては良い時代になっているのかなと思います。』

自分の中だけの”好き”であれば良いかもしれないけれど、それを仕事にまで持っていくには覚悟と準備が必要。その覚悟と準備ができるほど好きなのか、真に好きだから覚悟と準備ができるのか。

こだわる

<「徳光珈琲」であること>
こーひー、コーヒー、coffee、珈琲、「徳光珈琲」
なぜ”コーヒー”じゃなくて”珈琲”なんでしょう?

『うちのイメージは”カフェ”というよりも”喫茶”なんです。なによりも珈琲豆にこだわりがあるので,専門店という意味で漢字を選択しました。』

 

<良質なものを>

若い時って特に「質」よりも「量」を選んでしまうもの。徳光さんはいつから「質」、つまり良いものを選択できるようになったのでしょう?
『うーん、そもそもの入り口が「質」だったんです。学生時代にアルバイトしていた珈琲店は、ファストフードのようなお店ではなく、一杯いっぱい丁寧に上質のコーヒーを提供するというスタイルのお店でした。
それが珈琲の世界の入り口だったんです。
「質」から入って、より「質」を求めるように。良質なものの中でもよりハイエンドな、質の高いものへと目を向けていくことが、必然的な環境だったと思います。』

大学卒業後、民間企業に就職し、その後2005年に徳光珈琲をオープン。

 

<石狩本店で気づいたこと>

徳光珈琲のスタートである石狩本店は、石狩市の閑静な住宅街に位置します。お店のホームページにも「迷った際は遠慮せずに何度でもお電話下さい」と。飲食店の立地としては難しいはず…。なぜここでお店をはじめ、そして続けることができたのでしょう?

『最初は祖父母の家を建て替えて始めたんです。でもやっぱりこういう住宅街だとなかなかお客さんは来ないじゃないですか。
だから最初からお店のホームページを立ち上げて、珈琲教室もやったりして、知ってもらう機会をいろいろ増やしていきました。それがこの10年位です。
その珈琲教室で気づいたことですが、実は珈琲教室に来てくださる方のなかに石狩の方がいないんです。札幌市中央区とかなんです。
珈琲に対してアンテナを張っている方が見つけてくださって、わざわざ来てくれる。
アンテナを張っている人って見つけるのが早いし、そしてそれを広げてくれる力も強いんです。

だからこそ求めている人にいかに刺さるか?というのはとても大事だと考えています。』

 

<求めている人>

『珈琲も安いものからいい値段のするものまで、ピンキリなんです。
珈琲をのむ人を例えば3段階に分けるとすると、「安くてたくさん買えるもので良いや」っていう人もいるし、「そこそこ値段が高くてある程度買えるものが良い」という人もいる。そして「すごく高いし、少ししかないけれどこれが良い」という人もいるんです。

なるべくこの一番上を目指している人にも提供したいし、そこから少しずつそれ以外の人たちにも提供できるように提供の範囲が広がっていかないかな、とはじめは考えていたんです。

それで色んな形でやっていたけれど、結局「安くてたくさん買えるもので良いや」っていう人たちは、やっぱり「すごく高いし、少ししかない良い豆」を買いに来ないんですね。』

なぜでしょう?

『求めていないからなんです。
最初は僕も、たまたま知らないだけかな、と思っていたんです。でも色々やっていくと、「もちろん良質のものが良いよね」と思いはしつつも、”求めていないんだ”という人もいることに気づきました。

そういう人に対してアプローチし続けることもやはり大変で、結局うちのお店としてやるべきところは、”満遍なくみんなに豆を提供すること”ではないんだな、と考えるようになりました。

そこから、区切りで言うと、真ん中ぐらいから上の人たちに向けて、より質の高いもの・欲張りなものを提供すべきだと考えるようになりました。』

 

<味づくり>

『この店はなんといっても、豆の種類が豊富です。直接現地に行って農園を見て、良い豆を世界中から仕入れています。そのため、世界中の豆、そのなかでもハイエンドの豆たちを多く取り揃えています。アイテムが多いからこそ色々な組み合わせが可能なんです。

例えば、豆が3種類しかないとなると味にも限界があるけれど、十何種類もあるよ、となると味の幅は一気に広がるんです。
なんとなく「ブレンド=混ぜ物=安いもの」というイメージが多いけれど、うちの珈琲はそうではなくこだわって「作りこんでいる」ものなんです。』

 

<豆の販売>

豆として提供する、となると”こだわりの豆”を実際に口にするまでの、その後の作業というのは、お客さんの仕事になるので徳光さんの思惑とは違う味になってしまうのではないでしょうか?

『そうですね。だからこそ珈琲教室を開催したり、お渡しする際に豆の保存方法についてお知らせしたりしています。やっぱり手元から離れてもよりおいしく飲んでもらいたいし、そのためにできることはやらなければならないと思っています。
その意味でも、ただ珈琲を淹れて売るという仕事よりは、伝えていく仕事の方がより大切になるのかな、と考えています。』

<良質なものー広まる力ー>

『そうやって、扱う豆にこだわって品質の良いものを提供し続けていくと、お客さんって見つけてくれるんです。
質の良いものを提供していたら、それ自身が飛び道具として勝手に宣伝してくれるんです。いかに強みのある飛び道具を持つかが大事だと思います。
たしかに、この場所は100人いたら100人がお店として始めない場所ですね(笑)
ですが、こだわった豆が飛び道具としてお客さんを呼び寄せ、そのお客さんが広めてくれたと思っています。』

 

つらぬく

<珈琲の卸売り>

『札幌市内を中心に、徳光珈琲が豆を卸している店舗は約130店舗。(詳しくは徳光珈琲が楽しめるお店
やはり自分の手から離れてしまえば、その先の一般のお客様や飲食店の方がいかに美味しく淹れてくれるかという話になるんです。
「このお店はこういう風に良い豆を提供しているんです」ということを、まず知ってもらわないといけない。でもそれって最初から、こちらがぐいぐい行くものでもないと考えています。まず興味を持って飲んでもらって、素直に美味しいなって思ってもらって、そのうえで徳光珈琲の豆に興味を持ってもらって、結局お宅が一番おいしかったです、って。そうなれば値段じゃなくなるんです。

世の中には例えば、「うちの豆を使ってくれたらコーヒーマシーンを無料で設置します!」というような営業があります。でもそれをしなくても、豆が高くても、やっぱりお宅の豆を使いたいね、って言ってもらうにはどうしたらいいか。そういう仕事がすごく大事なんです。

そして、他の店が「うちはもっと安く提供できますよ!」となっても、「いやいや、うちの店は徳光さんを使ってるんで、すみませんね。」という関係性ができれば、ながーくお付き合いができると考えています。』

 

<こだわりをつらぬく関係>

『実は業界って結構狭いんです。例えばレストランだとすると、シェフは横でつながっていたりします。「うちで取り扱ってる徳光珈琲さん、いいよ!」という話をきいた他のレストランのシェフが、「じゃあうちも使ってみようかな」というように、横のつながりができるんです。

僕自身も、色々なお店にご飯を食べに行ったりします。美味しいものを食べたりワインを飲んだりしながら、そのお店の方とお話したりする。でも別に豆を提供しに行くわけではないんです。自分自身が楽しみに行く。けれどそれが、偶然にある程度知ってもらう一つのきっかけになったりするんです。じゃあ今度徳光さんの珈琲頼んでみようかな、という感じで。そういう関係でどんどん繋がっていくんです。

本当の営業をしていない営業、ですね。
これが一番信頼関係を築く方法ではないかと考えます。
いきなり豆と見積書持っていっても、確かにそのブランドは知っているけれど「あなたはどちらさま?」ということになってしまうじゃないですか。
そうではなくて、豆とかお金とかではなく、まずはそれ以外のところから相手に刺さっていくようにするんです。』

Ten to Tenで提供するブレンド珈琲

 

<カフェではなく、ロースターとしての視点>

『珈琲をその空間だけで楽しんでもらう仕事、ではなく、ロースターとして自分で焙煎をしそれをお客さんに提供する、という、より長いプロセスで珈琲を考えるといかに豆を販売するのかが大事になると感じます。

卸売業・カフェ・小売り・喫茶・珈琲教室など、珈琲に関わる仕事は沢山あるけれど、うちは全部やっています。複合的にやっていくと、色んな所に情報がついてきて、知ってもらう機会がその分増えるんです。それでお店ができて、そのお店を拠点にさらに知ってもらう機会が増えたので、それで卸先も一緒に増えたということがあります。』

つながっているんですね。

『そうですね。点じゃなくて波状に繋がっているというのがすごく大事。
そうすると、点でつながるよりも、スピード感があるんです。つながりが速い、あっちもこっちも繋がる。そういうことを意識しているかいないかで差が出ると思います。結局のところ、この繋がりを作るにも、良い素材が無いと説得力がありません。そのためにも質の良い素材は担保なんです。』

 

すきだから、こだわる。こだわるを、つらぬく。

学生時代からの珈琲への「すき」を軸に、機会を見つけて学ばれていた徳光さん。
ロースターとして質の高い豆を提供したいという「こだわり」を「つらぬく」ことで、縁がつながり求めている人に届く。
「北海道では徳光珈琲でしか買えない豆を提供したい」という言葉にあるように、今後も北海道を代表する珈琲屋さんとして、きっとこだわりをつらぬかれていくのだと思います。

あなたの”こだわり”はなんですか?
この問いへの答えに一本筋を通して生きたい、そう思うものです。
何かを探して旅に出て、この北海道に来た方にも。
忙しい一日のすきま時間に。
こだわりを体現した徳光珈琲片手に、ほっと一息つきながら考えてみませんか?


【徳光珈琲石狩店】
〇所在地/石狩市花川南2条3丁目185番地
〇HP/http://tokumitsu-coffee.com/
〇TEL/0133-62-8030
〇営業時間/10:00~18:00
〇休/毎週水曜日(祝日の場合は木曜日休)
〇P/8台

※姉妹店
【円山店】
〇所在地/札幌市中央区大通西25丁目1-2ハートランド円山ビル1F
地下鉄円山公園駅5番出口横
〇TEL/011-699-6278
〇営業時間/10:00~20:00
夏季営業時間(4月~8月)は8:30~20:00
〇休/年中無休(年末年始のみ休み)
〇P/隣接駐車場2時間無料

【大通店】
〇所在地/札幌市中央区大通西3丁目大通ビッセ2F
〇TEL/011-281-1100
〇営業時間/10:00~20:00
〇休/年中無休(年末年始のみ休み)

【花畔店cafe & sweets】
〇所在地/石狩市花畔2条1丁目68番地 NAKAJIMAビル1F
〇TEL/0133-76-6765
〇営業時間:11:00~19:00
冬季営業時間(10月~3月)は11:00~18:00
〇休/毎週火曜日
〇P/8台

LOCATION

WRITER

土居 奈津美
ライター/大学院生

女子大学院生ライター。岡山県出身、北海道満喫6年目。春は勢いのある雪解けを楽しんで、夏は麦わら帽子を持ってドライブへ。秋は美味しいものを食べ、冬は雪の綺麗さに見惚れています。