札幌にいて、「海が見ながらビールやコーヒーが飲みたい!」と突然うずうずしたらここにいくべし!がぉーーー!

text&photo/ 原大介(ユアンワークス)

JRに乗り札幌駅から小樽方面へ約20分。改札を抜けて駅を出ると、やや右斜め前に見えるのが今回紹介する「しろくまコーヒー 銭函店」。まるでリゾート地にあるような白と青をベースにした外観。なんだ、なんだかとってもいい雰囲気がするぞ。シャレオツだぞ。チョークアートのしろくまもいい雰囲気ではないか!自然と期待を高めてくれます。

 

銭函の音楽シーンやど、銭函の今を感じるならこちらへ!

お店に一歩足を踏み入れると、清潔感ある白をベースにシンプル&スタイリッシュ。天井も高く開放的です。ショーケースに並ぶドリンクも気になりますね。フードはサンドが中心。コーヒーやラテ、ティーが楽しめます。僕のおすすめは、イギリスでオーガニック認定を受けたチャイティーを使った「チャイティーラテ」。7種類のスパイスが入っていて、飲んでいると体がポカポカと温まってきます。これから肌寒くなってくる季節にぴったりです!

 

人気のクラフトビールをセレクトしたTap Marchèもやっています。海とビールと私。愛するあなたのため、毎日磨いていたくなりますね(笑) 近所には定食屋さんやお寿司屋さんもぽつぽつとあるので、食事後に訪れてまったりとビールを楽しむ、なんていう過ごし方もおすすめです。店内にかかっている曲のセレクトセンスが素晴らしいので、とってもご機嫌にすごせますよ。

 

札幌から電車で行ける一番近い海、それが銭函の石狩湾。しろくまコーヒーも海に面して建っています。店の奥にはデッキ席も!潮風に吹かれキラキラ輝く海面を見ながらコーヒーをいただく、そんな気持ちがいい時間が過ごせちゃいます。ここからの景色をInstagramに上げているひとも多いです。一番奥にはペットも一緒にOKの席もあり。

 

夏におすすめのは、メイソンジャーに入った『ベルグラテ』。モフモフに盛ってくれます。チョコ味とキャラメル味があり。

 

店長の大友さんは、銭函LOVEに溢れています。実はここ銭函は、木歩さんやBress of Septemberのギター大友海渡さん、Widim Mediaの能登偉大さんなど若手ミュージシャンやアーティストも多いエリア。そんな銭函の魅力を伝えようと、大友さんが中心になり、今年初めて『The Beach Day』というイベントを開催。大にぎわいだったそう。来年の開催も楽しみです。

 

お店の一角にはこんなオシャレなフォトフレームや観賞植物も。FacebookInstagramなどで積極的に情報発信をしているので、気になった方はぜひフォローを。

 

店内にはあちらこちらにしろくまが。かわいい…。

 

こちらのオーナー、実はアルペンスキーの元日本代表。雪を連想させる店名の「しろくま」もそんなところからきてるのでしょうか?全くの僕の想像ですが(笑)

札幌にいて突然海に行きたくなったらぜひここへ。北の大地の海もなかなか乙なものですよ。

 


〇電話/ 0134-64-9589
〇住所/小樽市銭函2丁目1-7
〇営業/11:00~19:00(LO18:15)
〇休/木
〇席/店内19、デッキ16
〇P/3台

LOCATION

WRITER

原 大介
ライター/ディレクター

リクルートグループの制作会社で12年勤務した後、2012年に独立。現在は「北海道じゃらん」の編集・取材も担当。もう一つの仕事であるコンサル業務と合わせて、道内のあちこちを飛び回る日々。

ユアンワークス
http://yuanworks.info/