札幌のフォトジェニックな場所を探して求めて。<白い恋人パーク>で写真を撮ってみた!

text スガワラマナミ / Photo madoka koizumi

札幌に旅行に来たけど、ついついキレイな風景や北海道ならではの食べ物の写真ばかりになってしまう。。。 そう、札幌は意外とフォトジェニックな壁や建物などが少ないのです。

ということで!

いつもインスタを更新してくれているカメラマンのまどか先生と札幌のフォトジェニックな風景を求めて、白い恋人パークへ行ってきました!
なんとモデルは私!雪が降る前のまだ温かな頃だったので季節感に少しズレがありますが、そこはご愛敬ということで(笑)

札幌観光・フォトジェニックな旅、両方楽しんじゃいましょう!
なかなか気恥ずかしさがありますが、まどか先生の素敵なポートレート見てくださいね。

 

札幌にあるお菓子のテーマパーク「白い恋人パーク」

「白い恋人パーク」へのアクセス
地下鉄東西線の終着「宮の沢駅」から7分ほど歩くと着きます。
地下鉄利用の場合札幌駅からだと約30分ほどで到着できる近さにあるのがいいですよね。

2019年7月に館内の見学内容をボリュームアップしリニューアルオープンしたばかり。
白い恋人パーク館内では、北海道の定番のお土産「白い恋人」の製造ラインが見学できちゃうんです。
その他にもオリジナルスイーツが味わえるカフェもあったり、オリジナルの白い恋人も作れますよ!

 

無料で楽しめるフォトジェニックな異国情緒あふれる空間

入口すぐのところには、噴水やイベントなど行っている広場。大人もちびっこも楽しめる空間です。
しかもこの庭園は入場無料!驚きですよね。

シャボン玉を楽しむ子供たち。とっても穏やかな空気が流れています。

訪れた時には緑がたくさんありローズガーデンなど自然豊かで新鮮でした。北海道内、国内はもちろん、海外からの観光客でどこもかしこもにぎわっています。春~秋は季節のバラ、冬の期間はイルミネーションと四季を通して楽しめるようになっています。

 

思わずインスタにあげたくなるフォトスポットめぐり

MAPとともにご紹介していきますよ~!

 

ローズガーデン付近のフォトスポット

・MAP①付近

まずはこのローズガーデンから行きましょう!

 

色んな種類のバラが咲いてて写真を撮るのについつい夢中になってしまいました。
バラ越しに撮るといい感じです。

 

ローズガーデンを少し進んだところにあるハウスです。
このドアの前でカップルが記念写真撮ることが多いようです。

写真だけでなく、デートスポットとしても楽しめること間違いなし!

 

・MAP②付近
バラ園の裏側に階段があるのですが人があまり来ず、ゆっくり写真を撮れます。

 

★オススメフォトスポット1

この階段のレンガがレトロな感じを演出。建物が海外っぽくおしゃれさを出してくれます。

 

裏階段の上から。バラに囲まれることができますよ!

 

・MAP③付近

お次はMAP③の定番の人気フォトスポットへ。

花畑から顔を出せちゃいます!
海外の方も楽しそうにこんな感じで写真を撮っていました。

ここは人気なので順番待ちが発生してました。

 

まどか先生と私です。鏡もあったり、いろんな方法で写真を楽しめます。

 

・MAP④

ローズガーデンを抜けると・・・インスタ映えしそうなところを発見!

★オススメフォトスポット2
館内へ通じるレンガの通路。

ここは人があまり通らないので撮りやすい穴場スポットだそうです。

 

冬のこの通路はイルミネーションが装飾されてキラキラになります。

 

・MAP⑤

ソフトクリームなど販売しているゾーンへ移動しました。
かわいい赤いロンドンバスがドーンとあり、人気のフォトスポットになっておりますよ。

時間帯によっては人が常に写真撮っているのでなかなか落ち着いて撮ることが難しく、素早さが求められます。

ガリバータウンにも同じような赤いバスがあり、そちらは混んでいないのでオススメです。

この記事の下の方で紹介します。

 

白い恋人のソフトクリームと赤いバス
ロンドンバスの中で休憩できちゃいますよ。

バスの中でソフトクリームいただきます!

 

北海道に来たな~って感じですね。お菓子ももちろんソフトクリームもおいしいのです!

パーク内を一通りみたので移動してみます。

白い恋人パークの外にもフォトスポットがあるとのことで行ってみましょーー!

 

道路わたってすぐ向かいにあるガリバータウン・ポッケ

パークだけで終わるのはモッタイナイ!ガリバータウンも見ていってください!

 

こちらのゾーンはあまり人がいなくて写真撮りやすいですよ!

 

・MAP⑥

赤いロンドンバスここにもありました。

こちらは混雑していないのでゆっくり撮ることができます。

軽食も販売してるのでこちらで休憩するのもいいかもしれません。

 

・MAP⑦

★オススメフォトスポット3
洋風な建物の階段発見!

ちょうど白い恋人パークのからくり時計も入ります。

 

逆側から取ると建物の入口がメインに。
海外っぽい雰囲気になりますね。

 

こちらの階段下にある白い壁。

白いのでレフ版効果できれいに撮れるかも!?

 

・MAP⑧

小人の家を発見!!

色合いもポップでかわいいですね。

この中にも入ることができますが有料となっております。

こちらの施設内は冬季期間は休業です。

 

ガリバータウンも一通り見たので駅に戻るぞ~!

 

・MAP⑨

パーク出口の帰り道にもいろんな種類のバラが咲いてました!

最後まで新しい発見がありますね。

 

2時間ほどパーク内をぐるっと散策しました。

カメラマン視点でのフォトスポットがたくさんあって勉強になりました!

 

最後に・・・写真を撮るときのワンポイントアドバイス

まどか先生が教えてくれたので、みなさま参考にしてみてはいかがでしょうか。

〇人を撮る場合・・・曇りの日がおすすめ
晴れていると実は撮りにくいらしいですよ。

 

〇白い恋人パークでの写真を撮るオススメの時間帯・・・15~16時ころ(春夏)

夕方のこの時間はツアー客が帰る時間帯のようで人が一気に引けました。

混雑が緩和されますし、写真を撮るにあたり日光的にもまだ大丈夫な時間帯です。

 

〇混雑ピーク時・・・12~14時ころ

人が多いと思うように撮れないことが多いので注意!

 

冬は雪の白さに映える幻想的なイルミネーションが迎えてくれますので

夏とは一味違った景色が楽しめます。

バラを見たい方は来年の夏の旅行で素敵な写真撮りにきてください!

イルミネーションを楽しみたい方はこれからが本番ですね。

 

景色や食べ物だけじゃないフォトジェニックな札幌の楽しみ方はいかがでしたか?

北海道でたくさん思い出残してくださいね!


【白い恋人パーク】
〇電話/011-666-1481
〇住所/北海道札幌市西区宮の沢2条2丁目11−36
〇営業時間/9:00~18:00
〇WEB予約/https://www.shiroikoibitopark.jp/

LOCATION

WRITER

スガワラ マナミ
デザイナー

生まれも育ちも旭川。のち秋田、東京へ。札幌へ移住後、札幌の沼にハマってしまった。フェス、写真、イラスト、アートが好きな自称アラサーデザイナー。この世で一番好きな場所は大通り公園。