北海道札幌市のおすすめ人気観光スポット「時計台」の魅力を改めて探ってみた。

北海道札幌市の観光スポットに時計台は必ずと言って良いほど上がりますが
札幌の時計台はがっかりの名所としてもとても有名なんです!笑

そして、札幌生まれ・札幌育ちの私は
生活のなかで時計台の前を通りかかるので外観はよく目にしますが
中に入ったことは小学生の頃に一度だけ、、、

正直なにひとつ覚えていません。笑

なので今回は北海道札幌市の人気観光スポット「時計台」の魅力を改めて探ってみました!


《札幌時計台の基本情報》

札幌時計台は札幌市中央区北1条西2丁目とほぼ札幌の中心に位置しているので、札幌駅からでも大通駅からでも徒歩でアクセスすることができます。
大通公園や札幌テレビ塔からも徒歩圏内なので札幌市内は一気に観光することができますよ。

札幌時計台の入口横にある札幌中心地ガイドマップの看板

札幌時計台の入り口横にある札幌中心地ガイドマップを見ればわかると思いますが
札幌市内は碁盤の目のように区画が整備されているので初めての札幌市内の観光でも迷うことなく移動できると思います。




《まずは建物の周りをぐるり》

札幌時計台(旧札幌農学校演武場)の歴史が書かれている看板
入り口横の札幌時計台の歴史について書かれた看板。
札幌時計台は、木造2階建ての洋風建築で1961年札幌市の有形文化財第1号に指定され、その後1970年に「北海道における明治洋風木造建築の代表的なもので、北海道開拓史上記念すべき遺構の一つ」として国の重要文化財に指定されています。

札幌時計台の正式名称は「旧札幌農学校演武場」で、札幌農学校は北海道大学の前身であり北海道開拓の指導者を育成する目的で1876年に開校し、演武場はクラーク博士の提言により、農学校生徒の兵式訓練や入学式・卒業式などを行う中央講堂として農学校生徒のために1878年に建設されました。

当初の演武場には時計塔はありませんでしたがシンボルである時計塔はアメリカから輸入され1881年8月12日から時を刻み始めました。札幌時計台は現存する日本最古の時計塔です。
札幌時計台の観覧案内の看板
札幌時計台の観覧案内には案内図のほか、観覧時間や観覧料、閉館日などが記載されていました。
札幌時計台の写真スポット
お馴染みの写真スポット。観光客のみなさんはここで写真をとるのに普段は順番待ちの列ができているなんて日もあります。
札幌時計台の真横
真横から見た札幌時計台。札幌時計台は5層構造になっており、一番上の鐘の部屋から打鐘用の重りが下がる1階までで構成されています。札幌時計台にある赤い星は開拓使のシンボルマークで、全部で17個の赤い星があるそう。


《それでは中を見学しましょう!》

札幌時計台の内部はどのようになっているのか小学生ぶりに見学してみました。

札幌時計台の入場料は大人で200円、高校生以下は無料となっています。毎月16日は札幌市民に向けて解放しているようです。
営業時間は 8:45~17:10 で最終受付は 17:00 です。

札幌時計台とパンフレットとチケット
チケットとパンフレットをもらえました。
札幌時計台の入り口横の展示室
入り口横の展示室。
札幌時計台の入り口横の展示室の展示内容
左上、青い目の人形は札幌で見つかった日米親善の使者とされていて、アメリカと日本の交流について記載されていました。その他は道内の主要文化財の写真が展示されており札幌時計台の模型もありました。
札幌時計台正面の展示室の様子
正面の展示室の様子。
札幌時計台の当時を再現した札幌農学校の全景模型
正面の展示室に入ってすぐには当時を再現した札幌農学校の全景模型が。札幌農学校全体の100分の1のサイズで作られているそう。後ろには明治10年代の札幌の町並写真と農学校の写真が。
札幌時計台の正面の展示室の展示内容
入り口正面の展示室では札幌時計台の歴史や北海道の開拓の歴史、札幌農学校について詳しく紹介されていました。左下は明治初期のパーティーの際に出された食事の再現だそう。
札幌時計台の2階ホールの様子
2階ホールの様子。
札幌時計台の2階ホールは、明治32年に農学校卒業生に初めて博士号が授与され祝賀会が行われた時の講堂の様子を復元しています。結婚式やコンサートに利用できるそうですよ。詳細はこちらから。
札幌時計台のクラーク像
札幌時計台の2階ホールに入ってすぐ右手にクラーク像が。
札幌時計台のクラーク像アップ
教科書を右手に木製のベンチに腰掛けた姿で、等身大の大きさに作られています。
クラーク博士の隣に座って記念撮影ができるようになっていました。
札幌時計台の2階の展示内容

札幌時計台の時計は常に動き続け、鐘は毎正時、時刻の数だけ鳴るので合計で1日156回鳴ります。時計台の時計が動く仕組みは、重りが下に下がる力を利用しておりこの力が歯車を回転させ流ことによって時を刻みます。
見学中もゴーンと音を聞くことができました。



《少し離れて札幌時計台をみてみた。》

札幌時計台の向かいのMNビルの時計台撮影テラス
札幌時計台の向かいのビル「MNビル」2階の「時計台撮影テラス」から札幌時計台全体を写真に収めることができます。時計台撮影テラスは無料開放されています。
札幌時計台の向かいのMNビルからの景色
ビルに囲まれているのがわかりますね。ちなみに右隣の建物は札幌市役所、左隣は札幌時計台ビル、後ろはさっぽろ創世スクエアです。


《札幌時計台のお土産情報》

札幌時計台の裏手のあるお土産屋さん
札幌時計台の裏側にある北のブランドショップでお土産を買うことができます。
札幌時計台の裏手のあるお土産屋さんの店内
白い恋人や夕張メロンゼリーなど定番のお土産がずらり。
札幌時計台をモチーフにしたチーズクッキー
札幌時計台をモチーフにしたチーズクッキーもありましたよ。


《札幌時計台周辺グルメ》

札幌時計台の周辺には観光ついでに立ち寄れるグルメが揃っています。

札幌時計台隣の札幌時計台ビルのショップリスト
札幌時計台の隣にある「札幌時計台ビル」には居酒屋やカフェをはじめタイムズカーシェアなどが入っています。
札幌時計台ビル内の回転寿司根室花まる
回転寿司で人気の「回転寿司根室花まる」もあります。
札幌駅直結の商業施設「ステラプレイス」に入っている花まるはいつも行列のイメージですが、札幌時計台店は比較的空いている印象でした。穴場スポットかもしれません。
札幌時計台ビル内の札幌珈琲館
1982年創業の「札幌珈琲館」は札幌の中心部と思えないほど落ち着いた空間になっていました。
この時期はテラス席がとっても気持ち良さそう。
札幌時計台周辺の味の時計台駅前通り総本店
札幌時計台から徒歩3分ほどにあるラーメン屋さん「味の時計台駅前通り総本店」。
ここの味噌バターコーンのラーメンが観光でいらっしゃる方には有名のようです。
札幌時計台向かい側のセイコーマート
札幌時計台の向かい側には「セイコーマート」も。
ホットシェフのおにぎりがお勧めなので是非。


《札幌時計台の基本情報まとめ》

【観覧料】
大人個人:200円(高校生以下無料)
大人団体:180円(20名以上の場合)
毎月 16 日は札幌市民無料デー(受付にて住所の確認できる証明書が必要)

【開館時間】
8時45分~17時10分(入館は17時まで)

【休館日】
年始(1月1日~1月3日)

【所在地】
札幌市中央区北1条西2丁目
電話 011-231-0838
電話 011-231-0804
FAX 011-231-0804

【公共交通機関を使って札幌時計台へ行き方】
<JR札幌駅から>
JR札幌駅からは南口から出るのが便利です。
南口を出てまっすぐ南へ歩くと約10分で到着します。

<地下鉄の場合>
南北線、東西線、東豊線どの路線からでもアクセスできます。
「大通駅」下車後、9番出口から地上に上がると徒歩約2分で到着します。

札幌時計台には駐車場はありませんので公共交通機関を使うのをお勧めします。

【公式HP】
http://sapporoshi-tokeidai.jp/



LOCATION

WRITER

コバヤシユリ

札幌うまれ、札幌育ち。
大学卒業後Uターン就職で札幌へ。